「緊急災害時介護応援パートナーズ」への登録のお願い

この度の熊本地震によって被災した介護施設やその地域に対する支援活動について、
高齢者、家族支援、認知症介護実践者ネットワークの活動をしているNPO法人 となりのかいご(代表 川内潤)とLink・マネジメント(代表 井戸和宏)が、福祉、介護の専門職員のマッチングを支援する「緊急災害時介護応援パートナーズ」を立ち上げました。

早期に現地入りし、支援物資を運び、被災された各事業所を廻ったLinkマネジメント代表の井戸代表や、現地スタッフからの報告によれば、
南阿蘇にはたくさんの老人ホームが密集している地域でありながら、交通の要であった橋やトンネルが崩落して、介護職員の通勤に大幅に時間がかかるようになってしまい、
このため、出勤できなくなった方が3分の1発生するなど、厳しい体制で現場を必死に支えています。
また、出勤している3分の2の職員の中にも、車中泊や避難所生活をしながら介護職員として働いている方もおり、全国各地からの応援を求めております。

また、残念なことに震災の混乱の最中、介護現場とのマッチングミスで、
せっかく介護職員が現地入りしても、雑用しか業務がなく、揉め事に発展したケースもあるそうです。

そこで「緊急災害時介護応援パートナーズ」では、
現地での活動に関する情報提供とともに、
現地のニーズと現地入り可能な福祉・介護の専門職の確実なマッチングを行い、
介護現場の復旧のスピードを加速させる支援を行います。

【フェイスブックページ】

【活動最新情報】
・8月7日~9月17日、神奈川県伊勢原市にある東海大学健康福祉学科の学生が南阿蘇村にて支援活動を実施
・8月2日~8月4日、神奈川県から介護福祉士の方が南阿蘇村の特別養護老人ホームにて支援を実施
・7月12日~15日、神奈川県から介護福祉士の方が支援を実施
・6月10日~12日、神奈川県から介護福祉士の方が支援を実施
・5月24日~28日、東京都から介護福祉士、認知症ケア専門士、介護支援専門員、社会福祉士の方が支援を開始
・5月10日~神奈川県厚木市の介護施設「みどりの丘」さんが長期支援を開始
・5月9日~28日、新潟県から柔道整復師、機能訓練指導員の方が支援を開始
・5月6日~移送NPOのみなさんのお力で熊本空港までの送迎が可能となりました(要時間調整)
・5月2日~「緊急災害時介護応援パートナーズ」登録開始

【現地派遣の概要】
○期間:現地活動が3日~1週間(現地入り可能な日程で随時調整します)
○場所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村近隣(現状の道路で熊本空港から1時間弱)の南阿蘇近隣施設のいずれか
○活動内容:日勤もしくは夜勤の介護業務
○現地までの交通手段:自家用車もしくは熊本空港から送迎
○宿泊場所:派遣施設内(マッチングの際に詳細お知らせします)
○食事:派遣施設より提供、近隣コンビニあり、等(マッチングの際に詳細お知らせします)
○ボランティア保険:事前に地元の社会福祉協議会にて加入をお願いします

まずは、介護拠点をサポートすることで、ストップしてしまっている在宅サービス(訪問・デイサービスなど)の早期再開を目指します。

皆さまには、「緊急災害時介護応援パートナーズ」への応援、専門職の方のご登録をお願いします。
法人、個人での南阿蘇への現地入りが可能な方がいらっしゃいましたら、
個人名(法人の場合は法人名と人数)と連絡先をお知らせください。
お電話でお話しを伺ったうえで、
現地情報提供などのオリエンテーション(電話・資料などによる)を行わせていただきます。

現状では、交通費や宿泊などの手配は、
現地入りする方それぞれで行っていただく形となりますが、
鋭意、助成金の申請やチャリティセミナーにて活動支援金を集めていく予定です。

ぜひともご協力いただければ幸いです。

不明な点などございましたら、何なりとご連絡いただければ幸いです。
宜しくお願いします。

【「緊急災害時介護応援パートナーズ」登録フォーム】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

当活動を何を見て知りましたか (必須)

活動内容希望・その他質問

Website Apps