安心して住み続けられる地域の一つのカタチ

マスコットのみま~もを持ちながら発起人の澤登久雄さんと

マスコットのみま~もを持ちながら発起人の澤登久雄さんと

大田区で展開されている「みま~も」という取り組みについて、発起人である澤登久雄さんにお話を伺いました。
「みま〜も」というのは、 「大田北高齢者見守りネットワークをつくる会」の愛称です。住み慣れた町で安心して暮らし続けられる素晴らしい仕組みとなっています。

木のぬくもりを感じる内装の「アキナイ山王亭」さん。

木のぬくもりを感じる内装の「アキナイ山王亭」さん。

ちょっと写真では見えにくいですが、左奥に居眠りする、おばあさんの姿。こんな居場所、ステキですね。

ちょっと写真では見えにくいですが、左奥に居眠りする、おばあさんの姿。こんな居場所、ステキですね。

その拠点の一つとなっている「アキナイ山王亭」。直接伺ってみると、入り口付近でご高齢の女性が椅子に座って居眠りされていました。自宅に閉じこもらず、フラっと出かけて居眠りができるような居場所。地域にそんな場所があるということが、とてもステキだと感じました。

履き物屋さんだった時のディスプレイ。 町の文化を大切にしているというメッセージが込められています。

履き物屋さんだった時のディスプレイ。
町の文化を大切にしているというメッセージが込められています。

一か月でこれだけの数のイベントが! このイベント一つひとつを地域住民や協賛企業さんが支えています!

一か月でこれだけの数のイベントが!
このイベント一つひとつを地域住民や協賛企業さんが支えています!

この場所は元々履き物屋さんだったそうで、その時の面影をディスプレイしているところも、地域の文化を大切にした心遣いだと感じました。この場所で年間290回!もの講座を行っていて、地域の方々がここに立ち寄り、大変賑わっているそうです。その講座の中には、地域住民のサポーターさんや協賛企業さんの協力により実施されているバラエティ豊かな講座が盛りだくさんで、毎回たくさんの方が参加されているそうです。

地域住民や協賛企業さんと一緒に整備した公園

地域住民や協賛企業さんと一緒に整備した公園

隣接する保育園の園児たちにも大人気!の「みま~もファーム」

隣接する保育園の園児たちにも大人気!の「みま~もファーム」

この「アキナイ山王亭」を奥に進むと公園がありました。もともとは年間で数人しか足を踏み入れない、荒れた公園だったそうです。その場所を協賛企業さんや地域住民のサポーターの皆さんと一緒に整備をして、介護予防対応ができる遊具が設置された、キレイ公園になりました。公園の一角には「みま~もファーム」という畑があって、農作業ができるようになっています。隣接している保育園の園児たちの貴重な土いじりの場所になっていて、子供たちの声もする公園になっています。

協賛企業さんの取り組みは講座開催だけではありません。地元の百貨店の「ダイシン」が無料マイクロバスを日に60便も出しています。これだけの数のバスを地域に走らせていると「一歩出ればダイシンバスが走っている」という状態で、一人で買い物に行くのが難しくなってきた高齢者にとって大切な「足」となっています。

地域情報誌としては信じられないくらいハイクオリティな情報誌の『みま~も』

地域情報誌としては信じられないくらいハイクオリティな情報誌の『みま~も』

「みま~も」では年2回のフリーペーパーを発行しています。全ページカラーで楽しい写真が多く、つい手にとってしまうような、地域の情報誌になっています。このフリーペーパーの制作・デザインも協賛企業さんにより作成されていて、とても質の高い冊子になっています。商店街を歩いていると、店先で配布しているお店をいくつも見かけました。「本当に地域に浸透している情報誌なんだな」と感じました。

キーホルダーの見本をいただきました!大切なお守りにしています!

キーホルダーの見本をいただきました!大切なお守りにしています!

さらに「みま~も」では高齢者見守りキーホルダーを無料配布してします。このキーホルダーは、地域包括支援センターで無料配布している番号の入ったキーホルダーで、病気のことや家族の連絡先などの個人情報を登録することで、町を歩いている中で体調が悪くなった時などに素早く対応できるようになっております。
この取り組みの発起人である澤登さんは、地域包括支援センターのセンター長さん。「私たちのような専門家が“専ら門の中”にいてはならない。外に地域に出ていかなければ!」と一念発起して立ち上げたそうです。一人ひとりの相談に乗っている「点」での支援ではなく、地域全体を巻き込んだ「面」での支援があることで、福祉相談の専門機関に相談に行かなくとも地域で見守りあう仕組みができあがっていくのだな、と感じました。この取り組みは他の地域にも“暖簾分け”されていて、大阪や群馬などでも活動がはじまっているそうです。このような面での見守り仕組みがもっと広がってほしい!と強く想い、そのために当法人もできることから始めていきたいと思っております。

みま~もの取り組みについては2016年4月1日にオープンしたオフィシャルサイトをご覧ください!

NPO法人となりのかいご・川内潤

>>4月14日(木)に川内潤がセミナーに登壇します。詳細はこちら

Website Apps