ラジオ

代表理事の川内潤と、フリーアナウンサーで介護福祉士の資格を持つ柴山延子氏が、皆さんの介護のお悩みに答えるポッドキャストです。毎週月曜日20:00に1本のペースで公開しています。
●家族介護に関するお悩みを募集しております。
ラジオネーム・年齢・性別・家族介護のお悩みをradio@roshin-kaigo.comまでお送りください。
※皆様からのお悩みは、編集して取り上げることもありますのでご了承ください。
※取り上げることができない場合もありますのでご了承ください。

ナビゲーター

  • new

    2020.06.01

    大阪市西淀川区のマンションで18日、住人の男性(57)と母親(91)が遺体で見つかった。「母に『死にたい』と言われ、糸が切れた」。大阪府警は遺書の内容から、男性が母親を殺害後、自殺した無理心中とみている。母親は最近まで高齢者施設に入っていたが、新型コロナウイルスの感染防止のため、家族の面会ができなくなっていた。「親孝行がしたい」。男性が母親を引き取った翌日、悲劇は起きた。(毎日新聞より)

  • new

    2020.05.25

    私は昨年、母が背中の手術をして、その時に福祉センターの方など、介護ベッドや手すりなどお借りしてお世話になりました。今は回復し、元気に過ごしてはいますが、やはり、以前より判断能力が落ちたりしているので心配です。独居ではないのでまだ安心です。その時の経験で、今後の事が心配になり、介護が必要になったときのために、川内さんのお話しを伺いに行きました。

  • 2020.05.18

    同居してる祖母ですが、最近は特にもともと強かった人への執着が更に激しく、母や私が「帰ってくるのを確認したいから」と、暖房のついた部屋を開けっぱなしにして廊下で人の出入りを監視してます。また、少しでも自分の気に食わない発言があると「私を追い出したいのね!」と癇癪をおこし、コロナの影響で自宅にいることが多くなった家族全員疲弊しきってます。もともとショートステイも嫌がり、最近は仮病を使って休むことも多くなりました。

  • 2020.05.11

    私の思うところをお伝えします。自粛が始まった頃から当事者の発信がぐんと減りました。想像するにSNSへ発信する時間が物理的に減っているのと、疲労困憊していて発信するエネルギーが無くなっているのだろうと想像しています。顔を合わせて話すのももちろん良いですが、元々、Twitterで発信しているダブルケアラーは呟くことと、そこでのコメント等のやり取りでかなりストレスを発散していると思っています。

  • 2020.05.04

    大好きな母のこと、365日・24時間、見守りました。特に、苦にはなりませんでした。2年近く続きました。途中、何度か、トイレに連れて行く途中で、私の手にそそうをしてしまったことがあります。睡眠不足の私はキレてしまいました。手をあげたこともありました。後でとても後悔しました。本人が一番悔しい、辛い想いしたはずです。母親として、子供の世話になる辛さはどうだったでしょうか?

もっとみる